スポンサーサイト

2018.01.06 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    アストルティア暦カレンダー(カレンダー) ver1.1

    2018.01.06 Saturday

    0

      ▼▼ 今すぐカレンダーを参照する ▼▼

      おことわり : この記事は2015年1月に掲載したver1.0の記事を一部修正したものです。

      このカレンダーのみかた

      カレンダーはAからFまでの6種類のパターンがあります。どのように見ていけばいいのかを例をあげながら説明していきます。

      まずリアル日付とASTカレンダーパターンの対応表を見てください。
      あるリアル日付はどのパターンを見ればよいのかがわかります。
      例えば、2018年1月4日だったら、Aのパターン表を見ればよいことになります。

      Aと出ましたので、下のカレンダーパターンのAのところを見てください。
      一見なじみのある1ヶ月カレンダーのように見えますが、いろいろと違う点があります。
      まず曜日のように見える縦の並びは、曜日ではなく月齢です。新月を一番左に、月齢と、その形から(リアル世界で)相当する月の名称を載せています(もちろん公式にそう呼ばれているわけではありません)。
      日付にあたる大きな青文字の数字は、リアル一日のうちの何番目の日かという数字です。そのAST日での0:00,6:00,18:00のリアル時刻を載せています。ここを見ることでリアル何時何分がどのAST日に属するのかがわかります。

      では、例として2018年1月4日(Aパターン)の14:00を見てみましょう。
      14:00は、12日(13:12〜14:24)ということがわかります。さらに、13:30から14:06までのであることもわかります。そして、6分後に夜が来て月齢5の(満月よりやや欠けた)月が昇ってくることもわかります。次に満月が見たいと思ったら、AST 19日、つまりリアル時刻22:30に東の空を見ればよい、ということになります。

      日(月)の出、日(月)の入りの位置をしる方法

      このカレンダーパターンには、日(月)の出・日(月)の入り位置の情報も掲載しています。
      Aパターンの表6日の欄を見ると春分と書かれています。この日が太陽がほぼ真東から昇る日です。マスの背景色は春分、夏至、秋分、冬至で区切られた、リアルで言う「季節」に相当する区分だと思ってください(実際には暑さ寒さの変化がないのであくまでも便宜的な区分です)。
      例として2018年1月4日 14:00はどうなのか調べてみましょう。
      上記からこの日時はAST 12日でしたから、春分のあと夏至に向かいつつある「春」にあたる区分であることがわかります。日の出の位置は-6と書かれています。これは日の出の位置(0:00時点)を数値で表したものです。くわしくは天体観測編を御覧ください。

      ver1.1でわかった知識

      日の出の位置は2016年の観測の結果、ver 1.0で考えていた6:00ではなく0:00時点の数値だったことがわかりました。ですので、下の表の「日の出位置」の数値は0:00時点の位置であることを書き加えました。
      そして、正確な日の出・月の出の位置が知りたい時には次のような修正が必要になります。
      日の出の正確な位置は、表の数値より0.25進めてください。
      月の出の正確な位置は、表の数値より0.75進めてください。

      たとえば、A1の日についてみると、この日の位置は+5です。そして数値が減っていく途中の時期ですから、
      日の出の正確な位置は、+5 - 0.25 = +4.75になります。また、
      月の出の正確な位置は、+5 - 0.75 = +4.25となります。
      同じ+5であるD11ではどうかというと、こちらは数値が増えていく途中の時期ですから、
      日の出の正確な位置は、+5 + 0.25 = +5.25
      月の出の正確な位置は、+5 + 0.75 = +5.75
      となります。同じ+5の日でも、日の出の位置が0.5つまり半日分ずれていることがわかります。さらに月の出は1.5つまり1日半分もずれているのです。


      おことわり

      アストルティア暦カレンダーは、株式会社スクウェア・エニックス様とは何の関係もございません。このカレンダーに関して株式会社スクウェア・エニックス様へのお問い合せ等はなさらないようお願い申し上げます。
      アストルティア暦カレンダーは、
      アックリンク個人の観測にもとづき作成された私的なカレンダーです。個人の能力には限界があり、ここで掲載されたデータは完全に正確なものだと保証することはできません。間違いや誤差は随時修正していく予定ですが、データの活用はあくまでもご自身のご判断のもと、自己責任でお願いいたします。このカレンダーによって生じたいかなる損害・損失もアックリンクは責任を負いませんのでご了承ください。
       

      アストルティア暦カレンダー Ver. 1.1

      リアル日付とASTカレンダーパターンの対応表

       1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
      2018年1月 D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D
      2018年2月 E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B / / /
      2018年3月 C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C
      2018年4月 D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C /
      2018年5月 D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D
      2018年6月 E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D /
      2018年7月 E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E
      2018年8月 F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F
      2018年9月 A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F /
      2018年10月 A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A
      2018年11月 B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A /
      2018年12月 B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B C D E F A B

       

      A

      月の入(AST 06:00)の月齢
      月の出(AST 18:00)の月齢
      7.5
      新 月 0
      新 月0.5
      三日月 1
      1.5
      上弦月 2
      2.5
      小望月 3
      3.5
      満 月 4
      満 月4.5
      寝待月 5
      5.5
      下弦月 6
      6.5
      有明月 7


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      1

      0:00

      0:18

      0:54

      +5


      2

      1:12

      1:30

      2:06

      +4


      3

      2:24

      2:42

      3:18

      +3


      4

      3:36

      3:54

      4:30

      +2


      5

      4:48

      5:06

      5:42

      +1


      6

      6:00

      6:18

      6:54

      春分 0

      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)

      7

      7:12

      7:30

      8:06

      -1


      8

      8:24

      8:42

      9:18

      -2


      9

      9:36

      9:54

      10:30

      -3


      10

      10:48

      11:06

      11:42

      -4


      11

      12:00

      12:18

      12:54

      -5


      12

      13:12

      13:30

      14:06

      -6


      13

      14:24

      14:42

      15:18

      -7


      14

      15:36

      15:54

      16:30

      -8


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      15

      16:48

      17:06

      17:42

      -9


      16

      18:00

      18:18

      18:54

      -10


      17

      19:12

      19:30

      20:06

      -11


      18

      20:24

      20:42

      21:18

      -12


      19

      21:36

      21:54

      22:30

      -13


      20

      22:48

      23:06

      23:42

      -14

       

      B

      月の入(AST 06:00)の月齢
      月の出(AST 18:00)の月齢
      7.5
      新 月 0
      新 月0.5
      三日月 1
      1.5
      上弦月 2
      2.5
      小望月 3
      3.5
      満 月 4
      満 月4.5
      寝待月 5
      5.5
      下弦月 6
      6.5
      有明月 7


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      1

      0:00

      0:18

      0:54

      -15


      2

      1:12

      1:30

      2:06

      -16


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)

      3

      2:24

      2:42

      3:18

      -17


      4

      3:36

      3:54

      4:30

      -18


      5

      4:48

      5:06

      5:42

      -19


      6

      6:00

      6:18

      6:54

      -20


      7

      7:12

      7:30

      8:06

      -21


      8

      8:24

      8:42

      9:18

      -22


      9

      9:36

      9:54

      10:30

      -23


      10

      10:48

      11:06

      11:42

      -24


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      11

      12:00

      12:18

      12:54

      -25


      12

      13:12

      13:30

      14:06

      -26


      13

      14:24

      14:42

      15:18

      -27


      14

      15:36

      15:54

      16:30

      -28


      15

      16:48

      17:06

      17:42

      -29


      16

      18:00

      18:18

      18:54

      夏至 -30


      17

      19:12

      19:30

      20:06

      -29


      18

      20:24

      20:42

      21:18

      -28


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      19

      21:36

      21:54

      22:30

      -27


      20

      22:48

      23:06

      23:42

      -26

       

      C

      月の入(AST 06:00)の月齢
      月の出(AST 18:00)の月齢
      7.5
      新 月 0
      新 月0.5
      三日月 1
      1.5
      上弦月 2
      2.5
      小望月 3
      3.5
      満 月 4
      満 月4.5
      寝待月 5
      5.5
      下弦月 6
      6.5
      有明月 7


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      1

      0:00

      0:18

      0:54

      -25


      2

      1:12

      1:30

      2:06

      -24


      3

      2:24

      2:42

      3:18

      -23


      4

      3:36

      3:54

      4:30

      -22


      5

      4:48

      5:06

      5:42

      -21


      6

      6:00

      6:18

      6:54

      -20


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)

      7

      7:12

      7:30

      8:06

      -19


      8

      8:24

      8:42

      9:18

      -18


      9

      9:36

      9:54

      10:30

      -17


      10

      10:48

      11:06

      11:42

      -16


      11

      12:00

      12:18

      12:54

      -15


      12

      13:12

      13:30

      14:06

      -14


      13

      14:24

      14:42

      15:18

      -13


      14

      15:36

      15:54

      16:30

      -12


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      15

      16:48

      17:06

      17:42

      -11


      16

      18:00

      18:18

      18:54

      -10


      17

      19:12

      19:30

      20:06

      -9


      18

      20:24

      20:42

      21:18

      -8


      19

      21:36

      21:54

      22:30

      -7


      20

      22:48

      23:06

      23:42

      -6

       

      D

      月の入(AST 06:00)の月齢
      月の出(AST 18:00)の月齢
      7.5
      新 月 0
      新 月0.5
      三日月 1
      1.5
      上弦月 2
      2.5
      小望月 3
      3.5
      満 月 4
      満 月4.5
      寝待月 5
      5.5
      下弦月 6
      6.5
      有明月 7


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      1

      0:00

      0:18

      0:54

      -5


      2

      1:12

      1:30

      2:06

      -4


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)

      3

      2:24

      2:42

      3:18

      -3


      4

      3:36

      3:54

      4:30

      -2


      5

      4:48

      5:06

      5:42

      -1


      6

      6:00

      6:18

      6:54

      秋分 0


      7

      7:12

      7:30

      8:06

      +1


      8

      8:24

      8:42

      9:18

      +2


      9

      9:36

      9:54

      10:30

      +3


      10

      10:48

      11:06

      11:42

      +4


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      11

      12:00

      12:18

      12:54

      +5


      12

      13:12

      13:30

      14:06

      +6


      13

      14:24

      14:42

      15:18

      +7


      14

      15:36

      15:54

      16:30

      +8


      15

      16:48

      17:06

      17:42

      +9


      16

      18:00

      18:18

      18:54

      +10


      17

      19:12

      19:30

      20:06

      +11


      18

      20:24

      20:42

      21:18

      +12


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      19

      21:36

      21:54

      22:30

      +13


      20

      22:48

      23:06

      23:42

      +14

       

      E

      月の入(AST 06:00)の月齢
      月の出(AST 18:00)の月齢
      7.5
      新 月 0
      新 月0.5
      三日月 1
      1.5
      上弦月 2
      2.5
      小望月 3
      3.5
      満 月 4
      満 月4.5
      寝待月 5
      5.5
      下弦月 6
      6.5
      有明月 7


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      1

      0:00

      0:18

      0:54

      +15


      2

      1:12

      1:30

      2:06

      +16


      3

      2:24

      2:42

      3:18

      +17


      4

      3:36

      3:54

      4:30

      +18


      5

      4:48

      5:06

      5:42

      +19


      6

      6:00

      6:18

      6:54

      +20


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)

      7

      7:12

      7:30

      8:06

      +21


      8

      8:24

      8:42

      9:18

      +22


      9

      9:36

      9:54

      10:30

      +23


      10

      10:48

      11:06

      11:42

      +24


      11

      12:00

      12:18

      12:54

      +25


      12

      13:12

      13:30

      14:06

      +26


      13

      14:24

      14:42

      15:18

      +27


      14

      15:36

      15:54

      16:30

      +28


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      15

      16:48

      17:06

      17:42

      +29


      16

      18:00

      18:18

      18:54

      冬至 +30


      17

      19:12

      19:30

      20:06

      +29


      18

      20:24

      20:42

      21:18

      +28


      19

      21:36

      21:54

      22:30

      +27


      20

      22:48

      23:06

      23:42

      +26


       

       
       

      F

      月の入(AST 06:00)の月齢
      月の出(AST 18:00)の月齢
      7.5
      新 月 0
      新 月0.5
      三日月 1
      1.5
      上弦月 2
      2.5
      小望月 3
      3.5
      満 月 4
      満 月4.5
      寝待月 5
      5.5
      下弦月 6
      6.5
      有明月 7


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      1

      0:00

      0:18

      0:54

      +25


      2

      1:12

      1:30

      2:06

      +24


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)

      3

      2:24

      2:42

      3:18

      +23


      4

      3:36

      3:54

      4:30

      +22


      5

      4:48

      5:06

      5:42

      +21


      6

      6:00

      6:18

      6:54

      +20


      7

      7:12

      7:30

      8:06

      +19


      8

      8:24

      8:42

      9:18

      +18


      9

      9:36

      9:54

      10:30

      +17


      10

      10:48

      11:06

      11:42

      +16


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      11

      12:00

      12:18

      12:54

      +15


      12

      13:12

      13:30

      14:06

      +14


      13

      14:24

      14:42

      15:18

      +13


      14

      15:36

      15:54

      16:30

      +12


      15

      16:48

      17:06

      17:42

      +11


      16

      18:00

      18:18

      18:54

      +10


      17

      19:12

      19:30

      20:06

      +9


      18

      20:24

      20:42

      21:18

      +8


      AST日付

      AST 00:00

      AST 06:00 (夜明け)

      AST 18:00 (日暮れ)

      日の出位置(0:00時点)


      19

      21:36

      21:54

      22:30

      +7


      20

      22:48

      23:06

      23:42

      +6

       

      アストルティア暦カレンダー(天体観測編) ver1.1

      2016.06.01 Wednesday

      0
        ウェナ諸島の隠れた真実・その2で写した波紋の音叉の写真はアストルティアの春分の日、月の出の時刻に撮影しました。



        自分ではいちおう中心線を中央の音叉に合わせて撮影したつもりです。
        春分なら真東から日や月が昇ります。
        アストルティアカレンダーでは春分の瞬間は06:00、つまり日の出の時刻が春分の瞬間だとしていますので、それより12時間たった18:00の月の出は真東から半日分北寄りの位置から出てくると考えています。
        上の写真もたしかに北(画面の左)寄りから月が出てきています。月は右斜め上の方向に昇って行き、日の出の位置は円の中心を基準にしていますから、月の中心が水平線上にある時刻はもっと左に月がありました。
        これを見てわたしは感じたのです。「半日分にしてはずれすぎていないか?」と。

        そんなわけで、冒険日誌で宣言したとおり、アストルティアカレンダーをもう一度見直すことになりました。
        そのためにはとにかく、太陽や月の観測が必要です。

        新しい観測場所

        今回の観測では、前回(2014年)の経験を踏まえ、より正確な観測ができるように方法を考えました。
        前回はジュレット住宅村から東の空を眺め、背景に見える島影を目印にして月の出の位置を観測しました。
        今回観測ポイントに選んだのはジュレットの町の高台、ネーキィが座っている所です。

         

        こんどは西の空を眺めることになりますね。
        ジュレットの町の西に見える大きな島が位置の手がかりとなります。

        ※バドリー岩石地帯の東にあるギザギザの山を最初に候補にしたのですが、あの山は遠景ではなく、ちょっと立ち位置を変えただけで太陽・月との位置関係がずれてしまうことがわかったので、観測場所としては役に立ちませんでした。

        観測方法

        WiiUではなくパソコンを使いました。
        ネーキィに重なるように立ちます。
        カメラモードにして最大ズームにします。
        太陽・月が地平線に沈む位置がファインダーの左右の中央付近になる方向にカメラを向けます。
        十字ボタンは使わないようにします。

        そして今回は写真ではなく、動画キャプチャという手法を用いました。沈む前から沈んだ後まですべての経過を録画したのです。このためにパソコンが必要だったのです。
        使用したソフトはAG-デスクトップレコーダーです。

        この作業を日を変えて繰り返し行い、さまざまな位置の日没・月没の様子を集め、沈む位置を比較します。
        動画で撮影したことで、あとから同じタイミングで静止画を切り取ることができるようになり、比較しやすくなりました。
        それだけでなく、早めに録画を開始しておけばあとはパソコンから離れていてもいいので、ベストタイミングの瞬間に画面の前に座っている必要がなくなりました。余計な録画部分はあとから編集して削除すればいいだけです。このことは時間に縛られなくなったという意味で私は大変助かりました。あまり長い時間ほっておくと自動的にログアウトしてしまいますが。

        動画からスナップショットで切り取った静止画の背景の島の輪郭をトレースします。
        島の輪郭に合うように、比較したい静止画を重ね、太陽・月の輪郭をトレースします。トレースした後は静止画は消します。
        こうすると、島と太陽・月の輪郭だけが残ります。さらにその上に別の日の静止画を重ね、同じように輪郭をトレースしていきます。
        これにはInkscapeというソフトを用いました。

        文章で書くとややこしいですが、ようはこういう図を作りたかったということです。
        どういう図かというと…。

        観測結果




        画面をクリックすると拡大します。


        線がごちゃごちゃしていてわかりにくいですね。説明します。
        大きな円が太陽です。小さな円が月です。
        どの円がどの日の日没・月没かというのを円の真上にかいてあります。たとえばC18だったら、アストルティアカレンダーのCの表の18番目の日を表しています。
        色は日の下1桁の数字で色分けしてあります。
        0,5 : 黒
        1,6 : 青
        2,7 : 赤
        3,8 : 紫
        4,9 : 緑
        こうすることで円が狭い間隔でとなりあっていても、色をたよりに日付をまちがえず特定できます。

        アストルティアの一太陽年である120日すべてを撮影はしていません。深夜や昼は撮影が困難ですし、曇ってしまって観測できない時もありました。
        今後もデータはすこしずつためていく予定ですが、全部は必要ないんです。
        この中から必要なものだけをとりだして比較すればいいのです。

        それではデータを分析していきましょう。

        夏至の瞬間はいつだ?

        今回の観測の最大の目的は「暦が少しずれていないかどうかを確かめる」ことでした。
        そのために絶対に確認しなければいけないことは、
        夏至(冬至でもよい)がいつかを確かめる」ということです。
        夏至は太陽や月が季節に応じて移動するうちのもっとも北側を通る瞬間のことです。
        ジュレットの町は西の空を見ていますから、太陽や月がもっとも右側(北)に沈む日が夏至になります。
        アストルティアカレンダーによると、夏至になる日はB16です。
        その前後を撮影し、もっとも右に沈んでいるのはどれかを比較すればいいのです。カレンダーが正しければB16が一番右になるはずですよね。

        それでは、上の絵の一番右側の部分だけを切り取って見てみましょう。すると、うーん…?



        観測の結果、左から順に
        太陽は B14,B16,B15
        月は  B18,B15,B16
        という結果になりました。あれ?B17は?…すみません。日没と月没の瞬間は曇って観測できませんでした。でも、これで十分です。

        この結果のポイントは2つあります。
        1.太陽ではB15が一番右で、月はB16が一番右、というように、太陽と月で一番右になる日がちがうこと
        2.太陽のB14,B16,B15の位置が等間隔に並んでいること

        月はB16が一番右ですが、太陽はB16ではなく、前日のB15が一番右に沈んでいますね。
        これはいったいどうしたことでしょう?でもあわてず冷静になってみます。

        ここで、前回調査でももちいた「数直線」をもちだします。ただし、前回は東の空を見ていました。今回は西の空を見ているので、数直線は左右逆になります。つまり、+30が一番左で-30が一番右になるということだけ間違えないようにしてください。



        まず下の段でB14 06:00から右へと日月没の位置が移動していき、B16 00:00の瞬間に夏至点を通過、今度は上の段を左へと位置が移動していきます。
        こう仮定すると、月没の時刻06:00の位置関係は、

        このように、左からB18-B15-B16の順番であり、B15-B16の距離を約3倍した長さがB18-B15の間隔とほぼ同じであることもわかりました。
        太陽の方は、日没18:00の位置関係で見ます。

        左からB14-B16-B15となり、間隔は等間隔。観測結果と一致しました。
        つまり、結論は

        夏至の瞬間はB16の日の午前0:00である

        ver1.0では、春分、夏至、秋分、冬至の各瞬間は日の出つまり午前06:00としてきました。
        今回の観測の結果、実際には6時間前にずれた午前0:00であったことがわかりました。
        この設定だと、行きと帰り、つまり冬至→夏至へと向かう時期の日没位置と、冬至←夏至へと向かう時期の日没・月没それぞれの位置は、カレンダーの数値が同じであっても一致しません。なぜなら、18:00から翌日0:00までの時間は6時間で、0:00から同日18:00の時間は18時間。12時間分の位置のズレが発生するからです。その証拠に春分と秋分の日の日没位置を比べてみると、、、



        A06が春分、D06が秋分です。カレンダー上はどちらも0の位置なのに、こんなにずれていたのです。
        そして、春分・秋分の瞬間は0:00です。ですから、月も太陽もけっして真東からは昇らず、真西には沈まない。かならず少しずれるのです。

        ver1.0の時代には観測方法が写真の目視のみで正確さが不足していたことに加え、「行き」と「帰り」で日の出・月の出の位置は一致するだろうという思い込みもあったかもしれません。結果的に実際とは6時間のずれでカレンダーをつくってしまっていたことになります。

        カレンダーはどうなるのか

        それでは一番肝心の、カレンダーは修正する必要があるのかないのか、という問題です。
        結論から言えば「カレンダーの表は修正する必要はない」です。
        表に記されたその日の位置の基準時刻が06:00から00:00になりましたが、同じ日であることはかわりないので、表そのものは変えなくていいことがわかりました。影響が最小限ですむので良かったです。
        しかし、微妙な位置情報までこだわる必要がある方もいらっしゃるかもしれません。それは説明を補うことで解決することにしました。

        ところで、最初の波紋の音叉の写真。
        これはver1.1の考えにそっていけば、0 - 0.75 = -0.75、つまり真東より4分の3日分左にずれたところから月が昇ることになります。半日にしてはズレが大きいなと考えた私のカンは正しかったことになりますね。

         

        アストルティア暦カレンダー(基礎知識編)

        2015.01.01 Thursday

        0
          アストルティアにも月の満ち欠けや太陽の日の出・日の入り位置の変化という天文学的な周期があります。
          いい風景写真を撮るためには、いつどんな形の月が出るのかや太陽がどの位置にあるのかという知識がどうしても必要になってきますよね。
          はじめは、先人たちが開発してくださったアプリ等を活用していたのですが、どうも実際の状況とはずれているような気がしてきました。それなら自分で確かめてみようじゃないか、そして自分で暦を作ってしまおう、と考えたわけです。
          そしてこの暦の名前を「アストルティア暦」と名づけることにしました。公式の呼び方ではありませんのでご注意を。

          【アストルティア暦の基礎知識】
          もともとアストルティアには、いわゆる年月日の設定はないようです。しかし、以下の様なかっちりした天文学的周期が存在しています。

          アストルティア(以下ASTと略す)の1日は、リアルの72分
          つまり、リアルで24時間たつときASTでは20日が経過します。
          夜明けが6:00で日没が18:00に固定されています。

          月の満ち欠け周期(1朔望月)はASTの8日
          これほど短い周期で月が満ち欠けするものですから、同じ日の夜でさえ、月の出の時と月の入りの時で月の形が変化している様子が確認できます。リアルと大きく違うところは、月はいつも太陽の正反対側に位置しているということ。リアルでは満月となる位置で月が固定されており、その位置のまま満ち欠けを繰り返しています。

          1年(1太陽年)はAST 120日、リアル6日
          リアル世界と同様に太陽の日の出と日の入り位置も周期的に変化しています。冬至(もっとも南から日が昇る)-春分(真東から日が昇る)-夏至(もっとも北から日が昇る)-秋分(真東から日が昇る)-冬至 と、一周するのがAST 120日。私達の1年は365日ですが、ASTでは1年は120日になります。
          リアル世界では、夏至の頃と冬至の頃では、昼の長さがことなります。しかし、ASTでは、年中変わらず、6:00に日の出、18:00に日の入りで固定されています。「日が短くなりましたね」というあいさつはASTにはありません。

          【1ヶ月と1年の感覚のズレ】
          上の周期をそのまま私達の1ヶ月の定義、1年の定義にあてはめてみると、私達のリアルの生活からかなりずれた暦の感覚になってしまいます。
          AST 1ヶ月は、AST 8日私達はふつう約30日が1ヶ月という概念で生きていますから、ASTでの1ヶ月が8日というのは、かなり短い日数になります。私達の感覚では、1ヶ月というより1週間の概念に近いのではないでしょうか。
          AST 1年は、AST 120日。これも1年365日の私達の間隔からするとかなり短いですね。
          AST 1年は15ヶ月15は4で割れないので春夏秋冬の四季に分けることができません。
          リアル1年は、ASTの約60年。これがもっとも強い違和感を感じるものです。リアルで1年プレイしたらASTで60歳年をとるんですから。2年プレイしたら120歳。でもキャラクターはちっとも年を取らない。ストーリーで出てくる500年前の世界なんて、大した昔ではないことになってしまいます。
          クリスマスなどのイベントでは、「去年は〜」「一年前ぶりの〜」という言葉がセリフなどにででくることを考えると、年や月に関しては、リアルに合わせているのかもしれません。
          ついでに言うと、プライベートコンシェルジュが、リアルの昼ころ、お昼ごはんに関する話をしますが、家の外は真夜中。この矛盾はなんだろうといつも思います。

          結論として、アストルティア暦に、○年、✕月という単位は無理に持ち込まないほうが無難だと判断しました。
          かわりに、リアル日付の中での何日目という表現を使うことにしました。たとえば「2015年1月15日の16日」という具合に。この場合2015年1月15日18:00〜19:12のAST日を表しています。
          今後このサイトではこのような日付表現を使用することにします。

          次の記事では、実際にカレンダー作成のための天体観測について話します。

          アストルティア暦カレンダー(天体観測編) ver1.0

          2015.01.01 Thursday

          0
            カレンダー作成のための天体観測

            カレンダーを作るためには、太陽と月の動きを正しく理解する必要があります。
            まずは、観測条件の良い場所を見つけないといけませんが、それはすぐ見つかりました。

            ひとつはジュレットの町です。
            ジュレットの町の階段を登り、酒場の上の広場に大きな円の模様が書いてあります。その円の中央に立ち、海を向きます。
            カメラモードにすると画面に縦横のグリッド線が見えます。その縦の線を広場の縁に並んで立っているポールタイプの車止めのような棒のうち、真ん中(左からも右からも5番め)にあるポールに合わせます。これで「だいたい」真西に向いた事になります。
            この状態で月の入りを観測すると。。。



            並んだポールがちょうど目盛りの役目を果たしてくれます。
            もうひとつはジュレット住宅地白亜の臨海都市地区です。


            ここは高台から東方向に水平線を眺めることができるだけでなく、目安となる柱や植物もあるので月の出の観察には最適の場所です。太陽は眩しくて輪郭がはっきりしないため、月のほうが観察にはよいと思います。私はここでの観測のためにわざわざサブキャラを作りここの高台に家を建てました。ルーラストーンを使って一瞬で到着できますから。

            月齢と月の形の関係を調べる

            月が8日周期で満ち欠けを繰り返しているのは前の記事で述べました。ではいつがどの月齢なのか。それは月の出と月の入りの月の形を目で判断して決めればよいと考えました。
            何日にもわたって観測したところ、月の形が以下のように変化していることがわかりました。

             
            月の出(18:00) 月の入(翌6:00)
            0 新月
            0.5 新月
            1
            1.5
            2
            2.5
            3
            3.5
            4 満月
            4.5 満月
            5
            5.5
            6
            6.5
            7
            7.5

            月は天頂付近までくると視界から完全に消えます。そしてふたたび現れたとき、月の形が少し変化していることに気が付きました。なんと、あまりにも月齢の進み方が早いので、一晩の間にも月の形が変わってしまうようです。
            そこで月の入り側の月齢を月の出側より0.5日進めることにしました。しかし、新月と満月に関しては夜を通じて月の形が変化することはないようです。
            この観測で、月の周期データが得られました。

            日(月)の出の位置を観測する

            アストルティアでも春分と秋分の日に真東から太陽・月が昇り、夏至ではもっとも北寄りに、冬至ではもっとも南寄りに日の出の位置が移動します。ではいったいいつが春分・夏至・秋分・冬至なのか。それを正確に観測することは実は大変難しいことがわかりました。
            「春分が真東から」なら真東から昇ってきた日を確認して春分とすればいいのですが、問題は「真東、真西」を正確に知る方法がない、ということ。背景画像には方角を示す目印は何もありません。カメラを真東に正面に向けたつもりでも、わずかの角度の差でもあれば春分の日は1日、2日ずれてしまいます。
            そこで、別の方法で導きだすことにしました。その前に、方角を表す方法について解説します。


            【日(月)の出の数値は数直線の感覚で理解】

            通常、方角の表現には角度を用いますが、残念ながら角度を測定する方法がありませんので、数直線で表現します。
            次の図をごらんください。



            真東を0として、北(画面左)をマイナス、南(画面右)をプラスで表しています。値(絶対値)が大きくなるほど真東から遠いことになります。一日ごとに1目盛りずつ日の出の位置が移動してゆき、端までくるとまた1目盛りずつ戻っていきます。アストルティアでは日の出の位置は等間隔で移動しているように見えます(要検証)。
            この振れ幅がどれくらいなのかは、ハード環境によりかわりますので正確なところはご自分の機種でご確認ください。私の場合は下の写真のようになっていました。だいたいの目安として、カメラモードにしてズームや広角にせず真東方向を向いたときに画面の8〜9割位の幅におさまるくらいの範囲を行ったり来たりしているといえばいいでしょうか。
            ちなみに撮影
            場所はジュレット住宅村 白亜の臨海都市地区です。
            夏至に近いころ 冬至に近いころ

            こうしてみると、けっこう大きな幅ですね。この幅が写真の出来栄えに大きく影響するのです。構図の中にうまく太陽をおさめるためには、その時の太陽の位置を知ることが不可欠なわけです。中には「虹のダイヤモンドリング」のように太陽がいい位置になる時期を狙って撮影に行かないと撮れない写真もあるのです。

            【正確な春分の日時を求める方法】

            話を春分の日の特定にもどします。
            正確な真東ではありませんが、じつはある方向だけは正確に知ることができます。
            上の写真の左側の白い柱の上にご注目ください。水平線に島影が写っています。
            この島は背景として描かれているものです。ですから、カメラが移動しても太陽や月との位置関係がずれることはないと思われます。
            この島の上に月が昇る日をさがしました。それが下の3枚の写真です。
             
            2015年1月8日の19日(22:30)
            基準日
            2015年1月10日の11日(12:54)
            基準日から32日後
            2015年1月10日の12日(14:06)
            基準日から33日後

            写真,禄嬖から夏至に向かう途中で、画面でいうと月の出位置は左に移動しつつある季節です。この後、月はさらに左から昇り、もっとも左側から昇る夏至を経て、今度は月の出位置を日に日に右へと移動していきます。そして32日後ころまた島影付近から月が昇ります。そして撮影したのが△鉢の写真です。よく見ると,鉢が同じ場所から月が出ているように見えます。△世般世蕕に,茲蟶犬ら出ています。
            これをどう解釈するか?


            そこで登場するのがさきほどの数直線です。ただし、目盛りをさらに時刻単位にまで細かくするのです。
            下の画像をご覧ください。月の出の時刻は18:00なので、18:00に注目していきます(下の画像はクリックで拡大表示されます)。


            ,鉢が一致するように日付を並べると上の図のようになります。
            このとき、夏至の瞬間が2015年1月9日の16日 06:00であることが導き出されます。あとは数直線に日付をどんどん当てはめていけば芋づる式に春分、秋分、冬至の日も求めることが出来ますね。そして周期的につなげていけばカレンダーになります。

            春分 : 2015年1月8日の 6日 06:00(リアル時刻 6:18)
            夏至 : 2015年1月9日の16日 06:00(リアル時刻 18:18)
            秋分 : 2015年1月11日の 6日 06:00(リアル時刻 6:18)
            冬至 : 2015年1月12日の16日 06:00(リアル時刻 18:18)


            日の出の時刻にそれぞれを合わせていると思われます。さらに、同じ日でも日の出の位置と月の出の位置がずれていることまで予想できます。

            こうしてようやく、月の満ち欠けと日の出・月の出位置の周期を盛り込んだアストルティア暦カレンダーができあがりました。

            アストルティア暦カレンダーを見る
            1